2018年6月20日フジテレビ『林修のニッポンドリル』で紹介「塩瀬総本家 志ほせ饅頭」

(※掲載している内容は記事を掲載した時点での情報ですので予告なく変更されている場合があります。ご了承ください)

サイト内記事一覧はこちら【日本全国掲載!】ペットと一緒に泊まれるホテル一覧

以前日本3大饅頭ということでも紹介した塩瀬総本家 志ほせ饅頭がフジテレビ『林修のニッポンドリル』で紹介されました。1日1万個売れるお饅頭なんだそうです!
わたしはまだ、日本3大饅頭のうち塩瀬総本家「志ほせ饅頭」だけGET出来ていません。これはとりあえずお取り寄せですね(笑)

スポンサーリンク

1日1万個売れる「塩瀬総本家 志ほせ饅頭」

日本3大饅頭のうち2つは賞味済み!

塩瀬総本家「志ほせ饅頭」だけ、後回しにしていました。あんこ好きにとっては見ただけで美味しいのがわかりました(笑)


販売は創業660余年「塩瀬総本家」

塩瀬総本家は1300年代から続く、伝統ある老舗和菓子店。毎朝生の大和芋をすり下ろしてから作る饅頭には、熟練した和菓子職人の技と心が詰まっています。もちっとした皮と、甘さを抑えた餡が「絶妙な味わい」なんだそうです。
また、日本で初めて餡入り饅頭をつくったのが「塩瀬総本家」といわれているのだとか。

日本で初めて饅頭を作り宮中に献上したのは、塩瀬総本家の祖先・林浄因(りんじょういん)氏。以来、塩瀬総本家は饅頭屋として繁盛し、足利将軍義政公より「日本第一番饅頭所」の看板を贈られた歴史も残っています。

「塩瀬総本家」では、志ほせ饅頭の他に、季節限定の四季饅頭というのもあるそうです。

可愛いですね~!目で楽しめるのも大事です

すぐにGET出来ない「ご当地グルメ」はお取り寄せできると嬉しいですね。もちろんご当地で食べるのが一番美味しいし、それが真骨頂なのですが、時間と予算の都合上(笑)、お取り寄せ出来るグルメは有難い

日本を代表する塩瀬総本家の饅頭は、かつては織田信長豊臣秀吉徳川家康にも気に入られていた逸品。妥協を許さない職人の技術の高さが生む完成度の高さは、贈り物や手土産として喜ばれ、まさしく一目置かれる和菓子です。
塩瀬総本家「志ほせ饅頭」

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.